RFスターは誰ですか
Wirelessは無限を作成しますP 可能性 RF-starは、ワイヤレスIoT分野の先駆者として、BLE、Wi-Fi、LoRa、ZigBee、Sub-1GHzなどの広く展開されているIoTテクノロジーと接続された世界のビジョンを持っています.私たちは電子ハードウェアの設計に取り組んでいます.組み込みファームウェアエンジニアリング;システムエンジニアリング;ソフトウェア+アプリ開発; IoTクラウドバックエンド;ビッグデータ; &認定をテストします. OEM & ODM. RF-starは、業界がインテリジェントに運営し、人々により良いライフスタイルを提供できるようにすることを目的としています.当社のソリューションは、家庭用電化製品から医療用電子機器、自動化された製造からスマートロジスティクス、スマートホームからスマート農業まで、さまざまな分野で徐々に適用されています. さらに、RF-starは、Texas Instruments、Nordic Semiconductor、Silicon Labs、Realtek、ATmosic、ASRなどの業界リーダーから高く評価されており、RF-starの未来はますます明るくなっています. 歴史 2010年から2021年まで、私たちは前進しています......
もっと見る
90歳以上
90歳以上
+
知的財産
3000以上
3000以上
+
|0|
80歳以上
80歳以上
+
|0|
1000以上
1000以上
+
ケーススタディ
アプリケーション
IoTの世界は、当社のワイヤレスRF製品に基づく幅広いアプリケーションでいっぱいです.
開発者ゾーンに移動します 今行く !
私たちのパートナー
当社のワイヤレスRF製品およびサービス共同 乗って世界を接続します.
なぜ私たちを選ぶのですか?

なぜ私たちを選ぶのですか?

2010年に設立されたRF-starは、10年のワイヤレスIoTモジュールの経験を持ち、プロジェクト要件を特定し、最適なワイヤレスオプションを選択し、プロジェクトの成功を達成するのに役立つ会社です.
  • 10年の経験 10年の経験
    RF-starはワイヤレスIoTモジュールを提供してきました 何千ものプロジェクト 2010年以降.
  • より良いサポート より良いサポート
    1対1の技術サポートにより、設計と開発のリードタイムを最短にすることができます.
  • 迅速な対応 迅速な対応
    この職業により、私たちはあなたのニーズを効率的に知り、技術的な対応を迅速に行うことができます.
  • カスタマイズのサポート カスタマイズのサポート
    最終製品の多様化に基づくモジュールのカスタマイズが可能です.
最新ニュース
私たちのソリューションと接続された世界のテクノロジーを紹介します.
会社のニュース
Wi-SUN Products Launch Anouncement!  ——RFstar Has Joined Hands with TI to Develop Wide-Area Mesh!
Jun 24, 2022 Wi-SUN Products Launch Anouncement! ——RFstar Has Joined Hands with TI to Develop Wide-Area Mesh!
Recently, RF-star, a veteran wireless IoT company in China, announced that it has joined hands with Texas Instruments to launch several Wi-SUN products, focusing on the development of wide-area mesh, hoping to provide customers with integrated solution development environment of end-edge-cloud in the field of industrial IoT and public facilities. The products disclosed by the company include a variety of Wi-SUN communication modules based on the TI CC1352 and CC1312 series, which support Sub1G multi-band and 2.4GHz communication, and support self-organizing networks by mesh and multi-hop. The distance of a single hop can reach several kilometers. Development history of Wi-SUN Even for most people in the IoT circle, Wi-SUN is a new technology. Actually it has been created for more than a dozen years. However it floated only in recent years after more major chip vendors and device manufacturers joined the technology alliance and started to promote the technology. As early as 2008, there was no unified wireless communication standard for the Wide Area network in the industry, while there were various wireless communication protocols in the industry at that time. What these protocols have in common is that they adopted the IEEE 802.15.4 standard. But they still cannot achieve interconnection in the application layer. In order to solve this complex problem, Wi-SUN FAN (Wireless Utility Field Area Network), a large-scale wireless mesh network based on IP technology came into being. The standard is committed to becoming the global wireless mesh network standard with interoperability. With the implementation of the standard, Wi-SUN alliance was established in 2012. Currently, the alliance has more than 250 members worldwide, including Cisco, ARM, Texas Instruments and Itron, etc. Over the past two years, the Wi-SUN standard has matured, and hundreds of millions of Wi-SUN enabled devices have been deployed worldwide. It is widely used in public utilities and smart city facilities due to its feature of enabling smart meters, smart street lights and other devices to be connected to a public network. Wi-SUN technology is an open specification based on IEEE 802.15.4g, IEEE 802 and IETF IPv6 standard protocols. Wi-SUN FAN is a mesh network protocol that support self organizing and self-healing functions. Each device in the network can communicate with its neighbors, and signals can be transmit to each node in the mesh, making very long range hops in between. Wi-SUN features long distance transmission, security, high scalability, interoperability, easy deployment, mesh network, as well as low power consumption (the battery life of Wi-SUN modules has a chance to It can be used for ten years). It is widely used in smart meters and family intelligent energy management (HEMS) controllers for communication, and is also conducive to building a wide-area large-scale internet of things. The Wi-SUN standard mainly consists of two sub-specifications, namely FAN and HAN. ...
包括的オールウィンで未来を形作る—RF-star2021年宴会
Dec 24, 2021 包括的オールウィンで未来を形作る—RF-star2021年宴会
時が経ち、2022年の鐘が鳴り始めます.古いものに別れを告げ、新しいものを先導するこの美しい瞬間に、RFスターは2021年の年次宴会を成都市で開催し、2021年の成果を祝い、2022年の明るい見通しを期待するためにすべてのスタッフが集まりました. 2021年の過去1年間で、RF-starは数々の成果を上げ、IoT業界で発展を続けています.これにより、RF-starは、ワイヤレステクノロジーにおいてより専門的かつ創造的になることができます.活動の前に、各部門のリーダーが2021年の彼らの仕事について報告しました.その後、取締役会議長のカンカイ氏がRFスターの成果と進捗状況の要約を作成しました.彼はまた、当初の予想をはるかに超えた同社の年間売上高の成果について話し、2021年の全体的な売上高の倍増や成都支店の拡張と移転などのいくつかの計画を含む2022年の見通しについて言及しました. RF-starのすべての成功と進歩は、すべての人のサポートと支援なしには不可能です.会長のスピーチの後、授賞式が行われます.同社は、2021年の最優秀スタッフ賞、セールスチャンピオン賞、最優秀チーム賞など、いくつかの優秀なスタッフに20以上の賞を授与しました.多くの若い従業員が受賞歴のあるステージに足を踏み入れました.彼らはRFスターの若い従業員の魅力的な態度を示しています! 授賞式の後、スタッフ全員がホテルに移動し、宴会を共有しました.宴会では、抽選会や楽しいゲームを開催し、歓声と拍手を絶え間なく盛り上げ、活動を盛り上げていきました. 2022年はRFスターの新たなスタートです!会社の全体的な取り決めの強化により、2022年はより迅速な開発期間になります. 「包括的オールウィンで未来を形作る」.私たちは、より良い未来を形作るために、すべてのお客様と緊密に協力し続けることを確信し、素晴らしい願いを持っています!
ビーコン技術により、屋内測位が容易になります
Oct 29, 2021 ビーコン技術により、屋内測位が容易になります
NS IoTテクノロジー は絶えず更新され、繰り返されており、屋内測位技術も大地を揺るがす変化を遂げています.部屋レベルの測位、デシメートルレベルの測位から高精度のセンチメートル測位まで、テクノロジーの進化は常に予想外です!屋内測位ソリューションのさまざまな測位技術が順番に登場します.屋内測位に最適なテクノロジーはどれですか? Bluetooth屋内測位ソリューションを理解するために包括的な視点を取りましょう. ビーコン屋内測位技術の概要 二つあります ビーコン屋内測位 テクノロジー: 1.パッシブロケーション: Bluetoothゲートウェイを使用して、人/オブジェクトのビーコンによって送信されたブロードキャストデータをキャプチャします.ゲートウェイは、環境にデプロイおよびインストールされます.また、ゲートウェイは収集したビーコンデータをネットワーク経由でサーバーに返します.サーバーは、ゲートウェイが認識している座標に基づく測位アルゴリズムを介して、ビーコンのリアルタイムの位置座標を取得します. 2.アクティブポジション: モバイルデバイスでAPPを使用して、 ビーコン放送 データ. APPには測位アルゴリズムがあります.ビーコンの放送データから、モバイル機器を持っている人の位置を知ることができます.部屋の場所とナビゲーションは、ショッピングモール、駐車場、病院に適したAPPまたはアプレットを介して実現されます. ビーコン屋内測位技術の特徴 と比べて Wi-Fi ポジショニングテクノロジー、ビーコンテクノロジーは環境への干渉が少ないです.ビーコン製品はバッテリー電源をベースにしています.の利点を持つ Bluetooth Low Energy ビーコンデバイスの消費、長寿命、小型、および高い浸透率、 ブルートゥース 測位は、屋内測位技術で最も一般的に使用されている技術です. 日常生活では、スマートフォンやスマートスピーカーがBluetoothをサポートしています. Bluetoothの人気と大量使用により、Bluetoothチップが低価格になっています.また、BLEの価格は従来のUWB / RFIDソリューションよりも低くなっています. Bluetoothはどのようにして屋内測位を実現しますか? Bluetoothの動作周波数は2400MHz〜2483.5MHzです. Bluetoothがブロードキャストを開始すると、自身のMACアドレスに加えて、Bluetooth信号の強度、つまりRSSI情報もブロードキャストされます. RSSIは、ブロードキャストデータパケットの信号強度を反映します. RSSIによると、Bluetooth受信機が送信機に近づくと、信号強度は強くなり、逆に弱くなります.信号強度と送信機からの距離の関係は、信号強度の変換によって見つけることができます. Bluetooth送信機、つまりビーコンを部屋に配置することにより、Bluetooth受信機は、送信機によってブロードキャストされたRSSI信号を受信した後、屋内の場所を特定できます.この測位方法はアクティブ測位と呼ばれ、測位精度は3メートルから4メートルです. 合理的なアルゴリズムを通じて、ビーコンによって送信されたRSSIは、ビーコンと受信デバイスの間の距離を逆方向に推定できます. ただし、ビーコンのRSSI値は参照値です.ビーコンの距離を計算するには、ビーコンデバイスのTX電力値も知っている必要があります. TX電力は、ビーコンから1m離れているときのRSSI値を指します.さまざまな機器、作業条件、およびサイト環境がTX電力値に影響します. 式の3つの変数A、B、およびCは経験値であり、携帯電話システムまたはハードウェアモデルに従って正確に調整する必要があります.これらはハードウェアの調整に依存しており、データを予約しないと使用が困難になります. ビーコンデバイスの電源の問題 部屋にケーブルを敷設する必要はありません.ビーコンは通常、電池で駆動されます. TX電力が0dBmで、放送距離が20 mの場合、2つのAA乾電池が使用され、5〜7年間持続します. Bluetoothゲートウェイ ナーシングホーム、刑務所、拘置所などの一部の特別な環境では、携帯電話の測位は人事管理のニーズを満たすことができません.人員の正確な制御を実現するために、アクティブビーコンポジショニングはもはや適切ではありません.このような環境の測位技術を満たすために、Bluetooth信号をスキャンおよび受信するためのBluetoothゲートウェイが開発されています. Bluetooth通信は、スマートブレスレットを装着している人とBluetoothゲートウェイを介して行われます. Bluetoothゲートウェイは、スマートブレスレットのBluetooth信号ブロードキャストをスキャンして収集するために部屋に配置されています.リアルタイム測位機能も実現でき、測位精度も3〜4メートルに達します. Bluetoothゲートウェイは、部屋の高さが3〜5メートルで、Bluetooth信号のカバレッジは約10メートルです.信号の減衰を考慮すると、Bluetoothポジショニングを採用する場合、BluetoothゲートウェイはBluetooth送信ポイントから5m以内が最適です.測位する場合、アルゴリズムプログラムは、測位を実現するために、Bluetooth送信ポイントに関連する少なくとも3つのBluetoothゲートウェイ信号を収集する必要があります. Wi-Fiポジショニングと比較して、Bluetooth信号はより安定しており、ポジショニングの精度は高くなっています. 多くのBluetoothゲートウェイはPoE電源を採用しているため、メンテナンスコストが大幅に削減されます. Bluetoothゲートウェイは通常、スマートブレスレットと組み合わされます.スマートブレスレットは、さまざまなシーンのニーズに応じてさまざまに設計されています.たとえば、学生はファッショナブルな外観が必要です.刑務所のブレスレット.分解する必要があり、毎日のシャワーのニーズを満たすためにIP68の防水要件があります. Bluetooth屋内測位ソリューションは市場のいたるところに適用されており、ビーコンに関するさまざまな技術情報をインターネットで検索できます.国内市場であろうと海外であろうと、ビーコン技術の強い需要により、ますます多くのメーカーがR & Dに投資するようになっています. IoT業界のリーディングカンパニーとして、 RFスター テクノロジーはパイオニアとしての役割を果たしてきました.ビーコン RF-B-AR1、RF-B-AR4 RF-starによってリリースされたものは、操作が簡単で、完全なサポートツール、視覚的な構成パラメーター、および非常に低い使用しきい値により、お客様がプロジェクトの構築サイクルを短縮し、お客様の製品を迅速に着陸させるのに役立ちます.そして、中国には多くのビーコンアプリケーションシナリオがあります.現在、国内のビーコンアプリケーションはより成熟して...
西四川高原への旅-RFstar成都チーム
Jun 05, 2021 西四川高原への旅-RFstar成都チーム
RFstar 成都チームは #Western #Sichuan #Plateau 7月に.雪に覆われた山々、果てしなく続く草の風景、数え切れないほどのヤクの群れ、そして地元の修道院がある印象的な自然の風景は、文字通り言葉を失います! #nature #team #旅行
RFスター2021中秋節活動
Sep 18, 2021 RFスター2021中秋節活動
月が夜空にぶら下がっているとき、私たちは 半ば秋祭り 角を曲がったところです. 成都の街路や小道のそよ風にモクセイの強い甘い香りが漂い、中秋節が間近に迫っています.お祭りシーズンの際には、 RFスター ここであなたに最高の願いを与え、あなたに幸せな祭りを願っています.そして、この特別な日には、RFスターのスタッフ全員がここに集まり、来たる伝統的な中国の中秋節のお祝いとして、ランタンのなぞなぞや月餅の料理活動に参加しました.この幸せを楽しみ、一緒に喜びましょう. 何年も経ちますが、中秋節の月は永遠に私たちの心に残ります.提灯のなぞなぞを推測することは、中国人にとって伝統的な民俗芸能活動です.小さななぞなぞには無限の知恵と楽しさがあります.動物の名前から物の名前まで、人の名前や地名から川や山まで、すべてがなぞなぞに含まれ、質問または回答になることができます.これにより、なぞなぞは無限に非常に楽しいものになります.ほら、活動はまだ始まっていません、誰もが試してみたいと思っています、そして何人かの人々は答えを与える最初の人になる準備をするために袖をまくり上げます.主催者が活動のキックオフを発表すると、歓声と笑い声が混ざり合って次々と答えが呼びかけられ、活動は最高潮に達しました. なぞなぞの推測活動が終了すると、ホストは「月餅作り」という名前の別の活動に移ることを発表しました.スタッフ一同、幸せと喜びにあふれています.甘いスタイルの月餅は、成都の人々に人気のある月餅のスタイルの1つです.生地の3色ごとに1つの部分を取り、それらを丸く組み合わせます.生地を平らにし、中身を中央に置きます.密封してボールに成形します.調理したもち米粉を表面に軽く塗ります.それぞれを月餅型に押し込み、サービングプレートに軽く押し出します. RFスターの各メンバーは、おしゃべりや月餅作りに忙しく、喜びと温かい雰囲気をもたらします.しばらくすると、サクサクして美味しい月餅が何枚かテーブルにやって来ます. 私たちに関しては 深センRFスターテクノロジー株式会社 2010年に設立されたは、世界をリードするモノのインターネット(IoT)ソリューションプロバイダーです. RF-Starは、BLE / BT、Wi-Fi、LoRa、ZigBee、Sub-1GHz、NB-IoT、RFIDなどの広く展開されているIoTテクノロジーと接続された世界のビジョンを持っており、RF-starは革新的な製品の作成に重点を置いています.とサービス、業界がインテリジェントに運営
SimpleLink™Wi-Fi®RF-starCC3100およびCC3200モジュールRF-WM-3200B1でIoTセキュリティをシンプルに
Mar 06, 2019 SimpleLink™Wi-Fi®RF-starCC3100およびCC3200モジュールRF-WM-3200B1でIoTセキュリティをシンプルに
RFSTARWi-Fi®CC3100およびCC3200モジュールRF-WM-3200B1でIoTセキュリティをシンプルに NS モノのインターネット(IoT) 何十億ものデバイスを接続し、ビジネスの成長に大きなチャンスをもたらします.ただし、何十億もの新しい接続デバイスは、ハッカーが知的財産(IP)を盗み、ユーザーの財産を侵害し、プライバシーを侵害するための何十億もの新しい機会ももたらします. 大企業でのセキュリティ侵害が一般に明らかになるにつれて、インターネットセキュリティに対する消費者の意識は高まりますが、安全なインターネット通信技術は、オンラインバンキング、電子商取引、および政府サービスを提供するレベルまで進歩しています.最先端のインターネットセキュリティは、高度な暗号化アルゴリズム、強力なコンピュータ、および主要なインターネット企業とユーザー間のコラボレーションに依存しています.今日のインターネットアプリケーションで利用できる一般的なセキュリティ機能には、次のものがあります. ・プライベートコミュニケーション –当事者間で交換される情報は暗号化されているため、盗聴者はそれを理解できません. ・エンドポイント認証 –通信当事者は、情報交換の前に互いのIDを確認して、攻撃者が偽のIDを使用して情報にアクセスし、リモートデバイスの不正な制御を取得するのを防ぎます. ・情報認証 –トランザクションデータやソフトウェアアップデートなどの重要な情報は、その発信元を認証し、マルウェアのインストールを防ぐためにデジタル署名されています. これらのセキュリティ機能は、主に次のようないくつかの基本的な構成要素に依存しています. ・ 安定 暗号暗号 Advanced Encryption Standard(AES)、Secure Hash Algorithm(SHA2)、公開鍵暗号RSAおよびECCなど.適切なキーサイズで適切に使用された場合、これらの暗号には既知の実際的な攻撃はありません. ・ NS トランスポート層セキュリティ(TLS) プロトコルは、その前身であるSecure Sockets Layer(SSL)プロトコルに取って代わり、2者間の安全な通信チャネルを確立するためのフレームワークを提供します.情報の暗号化とエンドポイント認証の両方を処理し、上記の暗号化暗号に依存しています. ・公開鍵インフラストラクチャ(PKI) デジタル証明書標準を介した認証と信頼のためのビルディングブロックを提供し、 認証局(CA) ノートンライフロックなど. IoTアプリケーションでこれらのよく知られた暗号とプロトコルを使用する利
ハードウェアレベルでのWi-Fiセキュリティの強化RFSTARRF-WM-3220B1W-iFiモジュール
Mar 06, 2019 ハードウェアレベルでのWi-Fiセキュリティの強化RFSTARRF-WM-3220B1W-iFiモジュール
ハードウェアレベルでのWi-Fiセキュリティの強化 あなたが モノのインターネット(IoT) デザイナーの皆さんは、セキュリティに関しては、より少ないリソースでより多くのことを実行するという課題に直面することがよくあります.システムリソースが少なく、経験が限られているため、増え続ける脅威のリストから製品を保護するための新しい方法を常に模索しています. これらの闘争は非常に現実的であることを知っているので、この投稿では、いくつかの主要なIoTセキュリティリスクとそれらに対処する方法に関する一般的な誤解について概説します.また、どのように新しいかについての概要を提供します CC3220SFWi-FiモジュールRF-WM-3200B1 新しいアーキテクチャと統合されたセキュリティ機能の豊富なセットを通じて、セキュリティの課題に対処するのに役立つツールをさらに提供します. ある IoTアプリケーション セキュリティ対策を実施する必要はありませんか? インターネットに接続するデバイスは、ローカルまたはリモートの攻撃に対して脆弱である可能性があります.攻撃者は、接続されているほぼすべてのデバイスを標的にして、システムに保存されているメーカーの知的財産を盗もうとしたり、ユーザーデータにアクセスしたり、システムを悪意を持って操作してユーザーを危険にさらしたり、オンラインで第三者を攻撃したりする可能性があります. 昨年末の大規模な分散型サービス拒否(DDoS)攻撃で示されているように、専門家によって史上最大の攻撃と見なされていますが、家庭用デジタルビデオレコーダー(DVR)などの一見無害な製品でさえ、悪意を持って感染し、「ボットネット」を使用して、サードパーティエンティティの操作を停止します.昨年の攻撃はTwitterやPayPalなどのサービスに影響を及ぼしましたが、同様の攻撃が送電網システムなどの大規模なスマートインフラストラクチャテクノロジーを標的にする可能性があります. Kapersky Labが実施した2016年の調査によると、1回のDDoS攻撃は、組織の解決に160万ドル以上の費用がかかる可能性があります. これらの脅威を認識し、RF-starのCC3220SF Wi-Fiモジュールは、強力な多層およびハードウェアベースのセキュリティ機能のホストを統合して、ローカルまたはリモートのパケットスニッフィング、man-in-theなどの攻撃から製品を保護するのに役立つ強力なツールを提供します. -ミドル(MITM)サーバーエミュレーション、無線アップデートによる敵
CC3220SFWi-FiモジュールRF-WM-3220B1
Sep 15, 2018 CC3220SFWi-FiモジュールRF-WM-3220B1
製品説明 RF-WM-3220B1 は Wi-FiIoTモジュール に基づいて構築 TI CC320SF Cortex-M4MCUが組み込まれているIC.カメラインターフェース、I²S、SD / MMC、UART、SPI、I²C、ADC、GPIOなどのさまざまな周辺機器をサポートします.このモジュールはIEEE802.11 b / g / n規格をサポートしており、ステーション、AP、およびWi-FiDirectモードで動作できます.アンテナに関しては、セラミックアンテナ、IPEXベース、アンテナ溶接の3つのオプションがあります. RF-WM-3220B1はサポートします TCP / IPプロトコル および関連するアプリケーション.多種多様な用途に幅広く適用できます IoTシナリオ つまり、ホームオートメーション、家電制御、セキュリティシステム、スマートエネルギー、インターネットゲートウェイ、産業用制御、スマートメータリング、ワイヤレスオーディオ、ワイヤレスドアベル、センサーネットワーキングノードなどです. モジュールには2つの動作モードがあります. ATコマンドモード と データ透過送信モード . ATコマンドモードを使用すると、開発者は一連のATコマンドを記述して、データの送信をルーティングできます.データ透過送信モードでは、モジュールは指定された宛先でUDPパケットをブロードキャストすることによってデータを自動的に送信します.開発者またはユーザーは、後者のモードでデータ送信がどのようにルーティングされるかを指示する必要はありません.ただし、ネットワークの動作モードを切り替えたり、モジュールの作業モードを変更したりするには、ユーザーはいくつかの簡単なATコマンドを使用してモジュールに指示する必要があります. 応用 製品の特徴 ステーションモードで動作するモジュールは、LAN内の任意のデバイス間でデータを交換できます.また、ルーターを介してインターネットにアクセスし、リモートデバイス間で通信することもできます. 1つのモジュールはTCPサーバーとしてAPモードで動作し、他のモジュールはTCPクライアントとしてステーションモードで動作して通信します. ピン割り当て 小包のサイズ モジュールの厚さ いいえ. パラメータ項目 パラメータの詳細 説明1 チップ CC3220SFTI2 サイズ 31 * 20mm-3 重さ5g-4 周波数帯域 2402 MHz~ 2480MHz6 PCB 4層 インピーダンス整合、鉛フリー7 供給電圧 2.3〜3.6V DC 3.6Vを超える電圧は禁止されています8 動作範囲 100メートル 空き地; + 17dBm;9 マックスパワー 最大+ 17dBm 50mW10 消費電力 Averge:1.APモード:74mA2.STAモードアクティブ:20mA 3.STAモード常に接続(長い
なぜZigBee3.0モジュールなのですか?
Jul 03, 2018 なぜZigBee3.0モジュールなのですか?
ZigBee 3.0 完全で相互運用可能な唯一のものです モノのインターネットソリューション メッシュネットワークレイヤーから一般言語レイヤーまで、 インテリジェント製品 一緒に働く なぜZigBee3.0 ZigBee 3.0は、ユーザーと開発者により多くのオプションを提供します.スタック全体の標準化は、複数のチップサプライヤーからのチップ、ZigBee Proネットワークプロトコルスタック、およびアプリケーション層のZigBeeクラスターライブラリを対象としており、製品とサービスが連携できるという確信をもたらします. ZigBee 3.0の完全なソリューションには、テスト、認証、ブランドおよびマーケティングのサポートが含まれ、相互運用可能な製品とソリューションの開発と販売を容易にし、成長の機会を解放し、家庭、職場、旅行に無限のイノベーションの可能性をもたらします. RFstar 業界で最も先進的なZigBee3.0モジュールを提供します.ユーザーは、xinchidaのZigBee 3.0モジュールを使用して、二次開発またはRFstarとの詳細な共同開発を行うことができます. ZigBee3.0の利点 相互運用性 認証手順により、デバイス間の相互運用性が保証されます マルチベンダーエコシステムは、同じアプリケーション層の共通言語を使用します ZigBee 3.0ネットワークは、以前のアプリケーション層標準を使用するデバイスに使用できます ZigBee 3.0機器は、以前のアプリケーション層標準を使用してネットワークに追加することもできます 異なる業界、同じ計画 家、建築、産業、小売、健康など 異なる分野の開発者とユーザーは、市場の断片化の問題を解決するために同じ選択肢を持っています 同じアプリケーション層で、完全な展開スキームの要件を満たすことができます 便利で使いやすい 必要なすべてのファイルが1か所にあります 各認証製品およびパッケージには、同じ認証マークを使用する必要があります 安定して信頼できる 単一ノード障害の影響を排除する実証済みのメッシュネットワークは、大規模ネットワークに拡張できます 自己回復型でスケーラブルで、数百のデバイスのネットワークをサポートできます グローバルジェネラル 2.4 GHz周波数帯を使用して、製品を周波数帯ライセンス料なしでグローバルに展開できるようにします. 実践検証 ・2500の認定製品と3億の展開された製品 グリーン環境保護 エネルギーキャプチャデバイスおよび超低消費電力デバイス用に特別に設計されています ZigBeeルーターはすべて、エネルギーキャプチャ
2016 CESの観察:スマートホームは、展示会に参加するための新しい経済成長ポイントRFstarを促進します
Jul 08, 2017 2016 CESの観察:スマートホームは、展示会に参加するための新しい経済成長ポイントRFstarを促進します
毎年恒例のCES(Consumer Electronics Show)は、私たちの時間である1月6日にラスベガスで開かれました.世界的に有名な科学技術イベントとして、 それらの 今後2〜3年で話題になります.ただし、コアテーマがないように見えるこのCESには、関心のある人々が観察する多くのことがあります. モノのインターネット、スマートホーム 、バーチャルリアリティなど.さらに重要なのは、モノのインターネットとクラウドコンピューティングの組み合わせです. 「怠惰な経済」 ますます多くの人々によって話題にされているか、または今後数年間でスマートホームの新しい経済成長ポイントになるでしょう. 興味深い現象は、怠惰な経済の概念が国内外で非常に人気があるということです. o2oは年初から何度も使用されており、今では少し緩和されていますが、コンセプトが冷えることはないようです. PWCのシニアエグゼクティブであるShahidAhmed氏は、「モノのインターネットの分野では、消費者体験、デジタルテクノロジー、センサーテクノロジーの統合というターニングポイントに到達しました」と述べています. 幸いなことに、関連技術の継続的な開発により、ホームモノのインターネットに基づくスマートホーム業界は、「怠惰な経済」を新しい成長分野として捉えることができます.時間を節約することに関心があり、試してみることをいとわない.さらに、「怠惰な人々」は怠惰ではありませんが、より価値のある分野に投資するためにより多くの時間とエネルギーをさらに解放するためです.これは、スマートホームへの関心の本来の意図と一致しています.テクノロジーを通じて人々の生活を真に自由で便利にすることです. 「怠惰な男」が必要とするのは、可能な限り簡単な操作で実際の状況に応じてインテリジェントな計算によって最も合理的なスキームを考案し、可能な限り効率的に精度と複雑さの要件を実現することです.これには、技術的なサポートだけでなく、ユーザーの実際の経験に近い思考も必要です.そうしないと、鶏のスペアリブになります.実際、スマートホーム業界では、国内外の鋭いメーカーがこのノードのパスをキャッチし、ユーザーの生活に便利なさまざまな製品をタイムリーに発売しました. スイーパーロボット、自動ファーストフードマシン、インテリジェント照明調整、インテリジェントドアロック スマートドアロックに関しては、このCESはCEIのW2ウォールナットスマートロックのようなもので
業界動向
  • 10

    Jun, 2022

    Bluetooth Smart Level Gauge
    The liquid level gauge is a special instrument for liquid level monitoring that integrates the functions of liquid level detection, data acquisition and transmission. It is mainly used to monitor the real-time data of the liquid level in the container and the natural environment. The Bluetooth module is implanted to make it wireless. Thus, after the liquid level gauge completes the sensing, the signal transmission and information interaction can be completed wirelessly, making its deployment safer, more convenient and more reliable in use. Challenge Liquid level gauges are usually used in harsh industrial environment which is subject to high temperature, strong corrosion, strong adhesion, dust and soot, making it great danger to manually survey with traditional liquid level gauges. Manually measured and recorded data is also subject to inaccuracy. However, factories keep elevating bars for the quality, immediacy, reliability and storability of sensing data. Traditional liquid level gauges can no longer meet such requirements raised in latest industrial production scenarios. At the same time, complex terrains of some industrial sites make it extremely difficult for equipment wiring. The deployment and construction cost of traditional wiring methods between transmission nodes is high, and the cost for maintaining the system will also be high. Solution By building a Bluetooth module into the liquid level gauge, the liquid level gauge can transmit data such as its power level, sensing signal strength, liquid level data information, and alarm information to the terminal device in real-time through the wireless network. The terminal equipment stores and analyzes the data, makes inquiries or  raise alarms, thereby realizing convenient deployment, collection, and maintenance while ensuring the safety of personnel. Keep tracking consumption status in real-time The wireless liquid level gauge is made by connecting the meter with a built-in Bluetooth module functioning as a data-transparent transmission unit. The receiving end of the wireless liquid level gauge is responsible for the data display and gauge setting. It also distill and output analog and switch signals to the terminal equipment. It detects liquid level in closed or open containers, processes relevant data, and automatically raise alarm and augment data whenever the level reaches a preconfigured threshold or the battery’s voltage is too low. It thus enable us to reduce manual intervention in survey and ensures the accuracy of the measurement as well. Through the terminal equipment, we can better monitor and manage the liquid level of the tank, tracking the consumption level in real-time, and ensuring the safety of personnel. Low deployment and maintenance costs The wireless level gauge greatly reduces the cost of trenching and wiring and later line maintenance. It does not need to lay cables, nor damage existing structures of the factory, saving labor and engineering costs. Meanwhile, wir...
    もっと見る
    Bluetooth Smart Level Gauge
  • 02

    Jun, 2022

    Smart Home Market Insight: Key Drivers, Challenges, Key Trends
    From the market insight of Transparency Market Research, The global smart home market is expected to reach the value of US$ 767.3 Bn by the end of 2031 owing to numerous factors. A smart home is a home equipped with lighting, heating, and electronic devices that can be controlled remotely by a phone or computer. The increasing inclination of consumers to build smart homes is expected to boost the smart home market. Key drivers for the smart home market The key factors fueling the growth of this market include the increasing importance of home monitoring in remote locations and growing concern with regard to safety, security and convenience among the general population, the increasing number of internet users and the growing adoption of smart devices along with the growing need for energy-saving and low carbon emission-oriented solutions have been crucial for increased demand of smart home systems. The IoT connects products, software algorithms, services, and end-users, enabling a smooth flow of data and making real-time decisions. It has proved its efficiency and has enhanced the quality and consistency of automation systems. Owing to the benefits achieved by connecting household products to the internet, the IoT has gained popularity among residential consumers. Its development will further boost the smart home market. Challenge: Issues related to security and privacy breaches A smart home helps in gathering information regarding energy usage and bills, purchases, movements, and music preferences, among others, to enable its systems to be custom-built to best support the inhabitants’ lifestyle. Devices in a smart home may be vulnerable to common hacking tools. Since the data related to personal information, physical safety, medical care, and homes are stored virtually on the cloud, the possibilities of misuse of these data by hackers are high. A hacked monitor could provide access to other personal data and information, which, in turn, could be used to victimize a user or a homeowner. The smart home industry is confronted with the challenge of assuring security and confidentiality of personal information to consumers. In the case of the remote control of security services, it is imperative to maintain the confidentiality of the information stored; the control of a network’s security systems cannot be compromised. This is expected to restrain market growth to an extent. In addition to this, data generated by unprotected wearables and smart appliances provide cyber attackers with an ample amount of targeted personal information that can potentially be exploited for fraudulent transactions and identify theft. Smart device hijacking can potentially put the safety of an entire household in jeopardy. An attacker may hijack and effectively assumes control of a device. These attacks are quite difficult to detect because the attacker does not change the basic functionality of the device. Key Trends for Smart Home Market Integration with smart wearable de...
    もっと見る
    Smart Home Market Insight: Key Drivers, Challenges, Key Trends

伝言を残す

伝言を残す
当社の製品に興味があり、詳細を知りたい場合は、ここにメッセージを残してください.できるだけ早く返信します.

製品

skype

whatsapp